ニキビの新しい治療法

ニキビやニキビ跡のケア方法も最新科学によって新しい治療法が生み出されています。皮膚科での新しい治療法や話題のケア方法などをまとめてみました。

新しいケア方法として注目のビタミンC

これまでにも、ニキビケアのために、さまざまな方法が生み出されてきました。
それでも「誰にでもスグに効果がある方法」というのはなかなかありません。
でも、「何をやっても無駄」と、あきらめてはいけません。
現在においても、新しい治療法がないか、日夜研究が続けられているのです。

このところ、新しい治療法として脚光を浴びている方法に、「ビタミンC誘導体」を肌に塗るというものがあります。
一般に、ニキビは酸化した皮脂に細菌が取り付いて炎症を起こしたものと考えられていますが、実は細菌は脇役に過ぎず、主たる悪役は活性酸素だというのです。
ビタミンCには、皮脂の酸化を抑え、活性酸素の発生も抑制する働きがあるのでは、ということで注目されているのです。
ビタミンCは、ニキビ跡の解消にも貢献することも研究によって明らかになっています。
市販品では配合率は3%以内に抑えられているので、専門家は、使用の際は浸透率を上げるため、ラップなどで包むのが良いとしています。
「ビタミンC誘導体」とは浸透性にすぐれたビタミンCのことですが、「誘導体」以外にも成分を皮膚に浸透しやすくするテクノロジーが製品化され、日本でも話題になっています。

皮膚科で生まれた新しい治療法とは

また、防衛医科大学皮膚科で開発された「フォトダイナミックセラピー」(PDT)も、新しい治療法として注目を集めています。
デルタアミノレブリン酸(ALA)を皮脂線内に蓄積させ、特殊な波長の光を照射すると、ニキビの原因となる皮脂分泌機能が抑制され、しかも効果は半年以上も持続すると言います。
治療と予防が同時にできる画期的な治療方法なのです。

海外からは、1995年にフランスで開発された「ディフェリン」が脚光を浴びています。
日本では、2008年に認可され、シオノギ製薬とガルデルマ社が共同製造販売しています。
日本初となるレチノイド作用を持つ外用剤は、ニキビの新しい治療法として、口コミで急速に評判になっています。


ところで、自宅でできる効果的なニキビケア、あるいはニキビ跡のケアということならば、当サイトでおすすめできるのは、ビーグレンの「大人のニキビ撃退1週間プログラム」です。
ドクターケラーが開発した特許浸透テクノロジーによるものでアメリカで大人気。皮膚科医も絶賛するニキビ対策専用セットです。
店舗販売はしておらずネット限定販売なのであまり知られていないかもしれませんが、1890円でお試しでき、365日返金保証(これホントです、理由も聞かれません)なので、まずはお試しすることをおすすめします。

詳細サイトはこちらから→大人のニキビと毛穴、同時解決 バイオ基礎化粧品b.glen
大人のニキビと毛穴、同時解決 バイオ基礎化粧品b.glen

この他にもおすすめのにきびケアはこちら▼
常盤薬品工業 オルビス VCローション 

洗顔石鹸

ニキビ跡を消す!:トップ > ニキビの新しい治療法

初心者向けサーバー